今回は、スウェーデン人あるあるのひとつをご紹介します。

町の大きさは?

マルメ駅

初めての人と会うと、大抵聞かれるのが

「日本のどこに住んでいたの?」

神奈川県だと答えると、聞かれるのは

「人口はどれくらい?」

え?し、知りませんがな、、、

なんでか、スウェーデン人って、国や町などの大きさを、人口がどれ位で考える人が多いようなのです。

それなので、みんな例えば自分が住んでいる街の人口、国の人口を知っている人が多い!

「私の親が住んでいる村は小さくて、人口が1000人くらいだよ」

みたいな。

それからは、日本の人口とか、調べるようになりました。

ちなみに、スウェーデンの人口は、1000万人で、東京の人口は、1300万人 (2019年8月の数値)。

スウェーデンの国土は、日本よりも1.2倍ほど大きいのに、東京だけで、スウェーデン全体の人口を上回っているのです!

スウェーデンが、がらんとした場所に感じてしまったのも、無理はないわけですね。

そこまでの距離は?

電車の中

知りませんがな2弾です。

私は日本で、神奈川から東京まで、県をまたいで、大学まで通っていました。

遠くて大変だったんだよー、なんて話をすると聞かれるのが

「距離はどれくらい?」

え、知りませんがな、、、。

なんだか、スウェーデン人って、例えば通勤での距離は何㎞位とか、距離で言える人をよく見かけます。

私の場合、たとえば、通学で電車で2時間もかかるんだよ、とか交通手段の時間で答えることが多かったです。

感覚が違うな~、と思った出来事でした。