移住してすぐ、語学学校も始まる前は、言葉も分からず、友達もまだいませんでした。

小さい村に住んでいたので、お店といったらスーパーぐらいで、歩いて遊びに行ける場所もなく

夫くんや、義理の両親は、昼間はお仕事。

そんな私が、昼間度々訪ねていたのが、夫くんのおじいちゃんおばあちゃんの家でした。

「家に、日本人が訪ねてくることがあるなんて、考えてもなかった」

当時、おばあちゃんは75歳、おじいちゃんは81歳。

ずっとこの村で二人仲良く暮らしてきて、まさか日本人と関わることがあるとは、思っていなかったと言っていました。

最初の出会いはどうだったかなぁ、覚えていないけど、驚かしてしまったんだろうなぁ。

私のスウェーデン語の先生

二人が話す言葉はスウェーデン語のみ

なので、辞書を持って行って、それを指さしながらの会話でした。

おばあちゃんが、靴下を見せて “strumpa” と言ったのを、辞書でひいて、ノートに書きだす。

なんてことをやっていたと思います。

本当に、そんな状態で、よくおじいちゃんおばあちゃんの家を、一人で訪ねていたなぁ、今更ながら思うのですが

二人から、沢山の言葉を、教えてもらいました。

「私は、あなたのスウェーデン語の先生よね」

っておばあちゃん、よく言っていました。

私のパン焼きの先生

おじいちゃんは、若いころ、パン屋さんで働いていました。

そんなんで、以前は、家でもよくパンを焼いていました。

美味しいので、パンの焼き方を教えてもらいました。

その時学んだのが、イーストに入れるぬるま湯の温度。

指を入れて、これぐらいのぬるま湯なんだよ、って、その感覚は、今でも残っていて

ま、うまくはないですが、パンもピザも、作るようになりました。

今は、私達が引っ越して、もっと大きい街で暮らしていますが、いつ訪ねてもいつも同じ暖かい場所で

二人のいる家で、コーヒーを飲むのが大好きです。