スウェーデンでは、小学校から大学まで学費が無料です。

また保育園/幼稚園も、3歳以降は週15時間 (年525時間)まで無料で通うことができます。

さらに、高校・大学に通うと、CSN (Centrala studiestödsnämnden) という、学習助成金を、受け取ることができます。

ということで今回は、学生が受け取れる助成金、CSNについて書こうと思います。

学生への助成金CSNは誰がもらえる?

高校のCSNは、16歳になると受け取ることができます。(それまでは、子供手当(Barnbidrag)を受け取る)

そして、スウェーデン国籍を持っている学生はもちろんのこと

  • EU内とスイスで国籍を持っていて、スウェーデンで勉強している、または
  • スウェーデンの永住権 (Permanent Uppehållstillstånd)を持っていてスウェーデンで暮らしている、20歳以上

の人も、スウェーデンの学校に通う際に、CSNが受け取れます。

上限は56歳までです。

CSNはいくらもらえるの?

  • 高校生の場合、月1250クローナ(約15000円)を1年で10か月、計80週分まで
  • 大学の場合、月 3292クローナ(約4万円)を1年で10か月、計240週分まで

受け取ることができます(2020年時点)。

また、子供がいる場合は、月1020クローナ(約12000円)上乗せされ、失業中など条件によって、受け取る額は変わってきます。

そして、50%、75%、100%と勉強のペースによっても変わってきます。(上記は100%のフルタイムで勉強した場合)

学生ローンの金利が低い

学校で学ぶということは、学費だけでなく、生活費や教科書代などもかかってくるということ。

そこで大学で勉強する場合、学生ローンを月7 568クローナまで(約9万円)借りることが出来ます。

(失業中など条件によって額が変わってきます。また年齢制限が46歳までとなっています。)

驚くのがこの学生ローンの金利の低さで

2020年時点で、学生ローンの金利が0,16%

学生ローンを受け取り終わった6カ月後から、支払いが始まるのですが

学生ローンの返済シミュレーションをしてみたところ↓

例えば、合計で200,000クローナ(約240万円)借りた場合、返す額が月782クローナ(約9千円)で18年返すと、合計で5921クローナ(約7万円)の金利や手数料を払うこととなります。

ってかこのシミュレーター、計算が合いません。782クローナ×12カ月×18年=168,912クローナしか返してないことになるのですが。。。

ま、とにもかくにも、金利や手数料が低いということだけは分かり

これを利用して、学生のうちにお金を借りて貯めておき、卒業したらアパートを買う、なんていう強者もいるようです(・□・)

https://www.csn.se/

CSNを受け取ることで年金が払える

学校で学び、CSNを受け取っている場合、その間州から一般年金が支払われます

また、これは子供を産むともらえる、親の手当(föräldrapenning)も該当します。

つまり、大学で勉強して助成金を受け取っている間や、子供を産み働かずに親の手当をもらっている間も、一般年金を払っていることになるのです。

実際どれくらいの額なのかは、見つけることはできませんでしたが、少ない額だとしても、勉強や子育てを安心して行える材料になることは、間違いありませんね。

これを知った時は、本当に驚きました。

https://www.pensionsmyndigheten.se/forsta-din-pension/vad-paverkar-din-pension/handelser-i-livet-som-kan-paverka-pensionen

CSNに助けられて勉強しています

学費が無料な上に、助成金もあり、それに助けられてきました。

私の場合、komvuxで高校レベルを勉強し始めてから、CSNをもらっています。

スウェーデン人ではない移民の私も、同じように恩恵を受けれて、ありがたく勉強しています。