スウェーデンの大学に、入学するシステムは、日本のとはまるで違います。

大学入試はありません

なので、高校を卒業したら、しばらく外国を旅したり、働いたりしてから、大学に入学して、また勉強をする、という人が多くいます。

ということで、スウェーデンの、大学入学のシステムについて紹介します!

ホームページで申請できる!

antagning.se というホームページがあり、大学はここから申請します。

入学のために、大学に行って試験を受ける必要も、用紙に必要事項を書いて送付する必要もありません。

今までとった単位は、このホームページにすべて記録されています。

私が日本でとった大学の単位は、機関を通して訳して、antagnings.seに送ったので、自分のページの成績をクリックすると、すべてそこに保存されていて、見る事ができます。

このように↑レベルによって、成績が保存されてます。

これは↑私が、スウェーデンで取得した、高校レベルの単位です。

学科や科目を大学で勉強するために、それぞれに必修単位があり、その単位を取っていれば、ホームページから応募することができます。

この作業も、希望する学科や科目を、このホームページで探して、期限までに申請ボタンを押せば、終わりです。

合格通知もホームページで

今まで取った単位は、数値化されて、成績が上の人(ポイントが多い人)から順にとられていきます

なので、競争率が高い学科や科目は、より多く単位を取ったり、いい成績を取らなければなりません。

結果発表の日に、入学できるかホームページをチェックし、上の画像にあるような、ANTAGEN となっていれば、入学決定です!

入れなかった場合は、高校レベルの学校に行って、成績を上げるなどして、次の時期にまた申し込みをしたりします。

いざ始まってみたけれど・・・

さて、めでたく大学に入学できたけれど、思っていたのと違っていた、興味が持てない、なんてこともあります。

私も以前、保育学科を入学しました。

それが、どうしても興味が持てず、そのまま3年半も続ける気になれず、当時1人目を妊娠していたので、出産を前に大学を休学。

子育て中に保育学科をやめて、新たに経営学修士課程を応募して、入学することができました。

大学を入学して1年も経つと、合わないから、ついていけない、などの理由で、他の学科や大学に移ったり、やめたりする生徒が結構います。

学費や入学費用がかからず、入学試験がないので、自分の希望に合わせて、さっと進路を変更できるって、有難いことだな、と感じています。

ちなみに、ほとんどの学科の科目が、それ単一で取ることができ、働きながら学びたい科目だけを学ぶ、なんて人が時々います。

また、通信で学べる科目も、数多くあるので、色々な勉強のスタイルを選ぶことができます。

問題がないとはいえませんが、そういったニーズに合わせた柔軟さは、さすがだな、と思います。