今通っているのはビジネスと経済学のプログラムで、スウェーデン語でCivilekonomprogram (英語で、Programme of Science in Business and Economics)といい

最終的に、ビジネスと経済学の修士号、Civilekonom (Mater of Science in Business and Economics)を取得することができます。

ってか、いまいち良い日本語訳がない!誰か知っていれば教えていただきたいです( ノД`)

ここでは、私が通っている大学(院)プログラムについて書いていきます!

スウェーデンではMBAが取得できない!?

最近知ったことなのですが、スウェーデンではMBA (Master of Business Administration) が取得できる機関がありません。

なので、経営を学びたい場合は、 Exective MBA を取るか、Science in Business and Economicsを取得することになります。

https://www.civilekonomen.se/reportage/mba-fyra-tips-infor-vidareutbildningen/#:~:text=I%20Sverige%20ges%20inga%20MBA,or%C3%A4ttvis%20konkurrens%20mellan%20olika%20l%C3%A4nder.

ビジネスと経済プログラムの編成は?

プログラムは計4年で、最初の2年が基礎3年目からリーダーシップ・会計・マーケティングの中から専門を選択し、4年目にさらに上のレベルを学びます。

面白いのが、最初の3年は学士で4年目が修士で、学士と修士のレベルが4年で一遍に学べることです。

学士論文を書くことなく、4年目の終わりに修士論文を書きます。

使用言語は主にスウェーデン語で英語も必須です。

4年で240hp (hp: högskolepoäng→大学・大学院で取得するポイント) 取得する必要があり(1年で60hp)

1年目: 財政学・企業会計学・リーダシップ論・マーケティング・マクロ経済学・ミクロ経済学・国際経済・金融経済

2年目: 法律・統計学・会計及び財務計画・マネージメント・環境分析・起業学

3年目: 専門(私はマーケティングを選択) 経営学・倫理・科学的方法・選択科目

4年目: 国際マーケティング戦略・国際マーケティングの研究・戦略的な起業学・国際的成長と事業開発・修士論文

を学ぶことになります。

課題の内容

座学があり、課題はプレゼンテーション筆記試験グループワーク、論文形式で提出する、が主ですが、なにしろグループワークが多いです。

ほとんどの科目でグループワークがあり「お互いから学ぶ」ということを重要視しているのが伺えます。

グループワークは時に中々厄介で、上手くいく時もあれば、もめたり、解散せざるを得ないグループなどもいて、なかなか難しいこともありますが

私の場合、スウェーデン人特有の、課題の取り組み方、スケジュールの合わせ方などを知ったり、メンバーから学ぶことも多々あり、大変ですが得るものもあるなと感じています。

グループワークの課題は、論文やマーティングプラン等を書いて提出した後、そのプレゼンテーションを行うことがほとんどでした。

また、1年目は筆記試験も多かったですが、徐々に理論を学んで自身の結論を論文形式で提出、プレゼンテーションする課題が多くなっていきます

そして、1年目から、学術論文を読むことを学び、論文を書く形式も重視され、最終的な卒業論文を視野に入れて、授業が組まれていると感じました。

教室の様子

外国の大学では、積極的に発言して、ディスカッションしなければいけない、なんて読んだことがあるのですが

とりあえず私が通っている限り、ここではそんなことはありません

教師が質問して答える生徒は、いるかいないかですし、積極的に発言はあまりしてません。

下手に目立つことを嫌がり、授業中はしーんとしてます

生徒同士のプレゼンテーションがある場合でも、質問や意見はそこまで積極的に出てくるわけではありませんし

積極的に発言しないことが、マイナスポイントになるわけでもありません。

ただ、ディスカッションの場となると、様々な視点からの意見が出るなど、議論する力があることが分かるので、目立つことを好まない国民性が影響しているのかなと思います。(これはあくまで私の個人的な見解です)

一番やりがいがあった科目

卒業したら起業をしたいと思っているので、起業学で行った、グループで事業計画書を書き、プレゼンテーションする授業が、一番やりがいがありました。

4人のグループで、事業アイデア・顧客ターゲット層・予算・運営費・市場調査・競合分析マーケティング方法運営方法などをまとめた、事業計画書を作り

最終的にプレゼンテーションをし、フィードバックをし合いました。

ビジネスとして実行していくには、内容はまだまだ詰めが甘かったりしているとは思いますが、実際のビジネスを想定してアイデアを組み立てていくことで、問題点なども理解でき

作成する過程も、他のグループのアイデアやそれに対する周りの意見も、とても興味深かったです。

一番手こずって、でも役に立った科目

3年通ってきて一番手こずってしまった科目が「法律」です。

雇用法・刑法・企業-協会-財団に関する法律・契約法・家族法を学びました。

法律書に書いてある言葉は難解で、さらに法律が制定された年によっては、今は使われない言い回しや言葉を使用していたりします。

法律を読んで、解説書を読んで、ネットで調べて、夫に聞いて、一つ一つを理解するのに長い時間がかかってしまいました(;’∀’)

筆記試験は、さまざまな事象に対してどの法律が適応し、その法律を使ってどうやって結論付けるか、を答えるもので

時にその事象自体を、時に法律の内容を、間違って解釈してしまうなどして、筆記試験にとことん手こずってしまいました( ノД`)

それでも、法律を学ぶ大切さと、面白さは常に感じていました。

法律を知っていることは、物事を幅広く見れるようになるし、実用的だし、こんな機会がなければ学べなかったので、やれてよかったと思っています。

あと1年

3年間学んできたといえ、これから始まる4年目も同じように緊張しています。

夏休みの間に修士論文の準備として、過去の論文を読んで、論文の書き方について勉強していますが、学ばなければいけないことは山のようで、途方に暮れています( ノД`)

とりあえずできることは、今まで通り、1つ1つやるべきことをかたずけていくだけなので、あきらめず進んでいきます。