2人の息子共々、スウェーデンで出産しましたが、ネットで調べると、なんか日本とは違うんだろうな~、と思うことばかり。

やっぱりスウェーデン、妊婦検診も、必要最小限!って感じでした。

ということで、今回は、日本とは違うであろう、スウェーデンの妊婦検診について、書こうと思います。

妊婦検診と出産費用がかからない!

スウェーデンに移住して3年ほどたってからの妊娠。

福祉が充実している、ということを実生活で、感じられることが多く、検診から出産まで費用がかからないのもそのひとつ。

これは、本当に有難いと思いました。

ただ、国のお金で賄われているということは、行われることも必要最低限であるということ。

私がネットやテレビなどで得た、日本の検診・出産事情と比べると、さら~、としているように感じることも多かったです。

定期検診の回数が少ない?

ネットで調べてみると、日本の検診では

妊娠23週まで4週間に1回、24週から35週まで2週間に1回、36週以降1週間に1回、とありました。(クリニック・病院によって違う可能性あり)

これから考えると、日本の妊婦検診は合計で約13回ほど、となります。

上の画像は、妊娠が発覚して、初めての検診でもらった紙で、検診の日付と回数が書かれています。

最初の検診が、妊娠7週で、11・17・25・28・32・35・37・39週と、スウェーデンの妊娠検診は合計で9回でした。

定期検診の内容

定期検診は、初回は妊娠しているかの尿検査と、その後は毎回、血液検査がありました。

日本の検診内容では、10週頃に心拍確認とあって、超音波検査で、赤ちゃんが映し出されて「ほら、ここが心臓で動いてますね」なんていうのを、想像していました。

が、私がスウェーデンで受けた妊婦検診では、超音波検査は妊娠まで基本1回のみ(私の場合は17週で)Σ(・□・;)

長男の場合、この検査で気になる点があったため、全部で2回受けることができました(2回目は32週で)。

また、羊水検査を無料で受けることができました。

それ以外は、心音を聞く機械をお腹にあてて、心音を聞いたりお腹周りを測定すること、血液検査位でした。(だと思います。結構前のことで忘れていることもあります、あしからず(;’∀’))

次男の時は、超音波検査は1回だけ。

物足りないな~、もっと見たいなぁ、と思っていました(;’∀’)

ただ、妊婦検診をしてくれた助産師さん達は皆、ゆったりと余裕があって優しく、安心感がありました。