スウェーデンに移住すると、移民のための語学学校である、SFI (Svenska för invandrare)に行くことができます。

Aクラスから始まって、BCDと進んでいきます。

次のクラスへ進むかは、先生の判断になりますが、大体1クラス3カ月位で、次のクラスへ行きます。

卒業試験を合格すれば、SFIは修了です。

スウェーデンは学費が無料なので、移民も無料で学べます。

楽しかった国際色豊かなクラス

チュニジア、ポーランド、タイランド、リトアニア、ブラジル、メキシコ、中国、アフガニスタンなど

本当に、様々な国の人たちと一緒に、学ぶことができました。

自然は豊かで美しいものも、娯楽にはいまいち欠けるスウェーデン。

そんな中でも楽しくやってこれたのは、まさに学校に行って、みんなと出会えたからでした。

慣れない国で暮らす大変さも、みんなと「スウェーデン語むずかしいね」なんて愚痴を言いながら、笑い合いながら、乗り越えられた気がします。

移住してすぐ、大学進学を考えていました。

進路の先生に相談したら、大学入学するために必要なことを教えてくれて、一歩一歩やっていけば、そこまでできるのだと分かりました。

スウェーデン語0からだったので、その時は夢のようでしたが、遠くに目標があったので、勉強は本当に楽しかったです。

色々な国の民族衣装や料理

学校では、それぞれの国の民族衣装や、料理を披露するイベントなどもありました。

スウェーデンに来たのに、色々な国について学べたり、料理が食べれたり、民族舞踊が見れたり。

私も着物は着れませんが、浴衣を着て、太巻きを沢山作って、参加しました。

スウェーデンに来て、ここの文化に馴染むのに必死で、自分の文化は後回し。

そんな中で、自分の文化を表現できる、また周りが興味を持ってくれる、機会があることは、励みになるんですよね。

色々な国の人が混ざった、国際色豊かな環境って、「みんな違う」が前提なので、お互いの文化を尊重する環境が、自然とできる気がします。

だから、SFIは、本当に居心地がよかったです。