サンミュージック所属の、お笑いコンビ『ペンギンズ』!

宣材写真を見ても、漫才中のキャラ設定である、“アニキと舎弟”そのままで、見た目だけだと「街で会っても絶対に、関わりたくないタイプ」!!

でも、『ペンギンズ』の漫才を見て、“可愛い!”とハマる人が、続出しているみたいですよ!

今回は、アニキを敬愛する舎弟・ノブオさんに、スポットを当ててみたいと思います。

ノブオさんって、結婚しているの?

話題になっている、“こつまみ”って何?!調べてみました!

ノブオさんって、どんな人?

アニキの隣にいるノブオって、舎弟にしか見えないほどの、ハマり役ですよね!

でも、いざ喋りだすと、高めの声が可愛くて、アニキを一生懸命にたてようとする、健気な姿勢が面白くて、クセになります。

本名   川口直哉(かわぐちなおや)
出身地  埼玉県比企郡滑川町
生年月日 1985年3月6日
血液型  O型
身長/足のサイズ 171㎝/26.5㎝

元々の芸名は、本名からとって“ナオ”でしたが、アニキネタがウケたことにより、キャラそのままの“ノブオ”に、改名したようです。

小学校の卒業文集には、既に芸人になりたいという気持ちを、綴ったそうで、『ペンギンズ』のネタを考えているのも、ノブオさんだそうですよ。

また、ゲームの知識が豊富で、バラエティ番組「勇者ああああ」では、ゲームプレゼン担当で出演しています。

“ノブオ”のキャラを捨てての、プレゼン能力の高さは、ネットでも話題になっています!

そして、ノブオさんのもう一つの特技が、料理!

実家が、埼玉県東松山市にある、焼肉屋「YANVAN」ということもあってか、ノブオさん自身、調理師免許を持っているそうですよ!

調理師の知識を生かした“こつまみ”って?

“こつまみ”― それは、子供用の“おつまみ”のこと。

ノブオさんには、2018年7月の時点で3歳の、可愛い娘さんがいるそうで、子供でも食べられる食材を用いての、“こつまみ”をツイッターに投稿しているんですよ。

例えば…
駄菓子の“のし梅さん太郎”、豆腐、ネギ、しそ、白だし薄め少々を材料とした、「のし梅しそやっこ」!

そして飲み物は、「レッドアイ!じゃなくて、すっきりしたトマト!」とコメントされています。

“こつまみ”のポイントは、子供が食べやすい駄菓子やスナック菓子、チーズなどが使われていて、子供がヒトクチで食べられるサイズだということ。

子供に対する“愛”が、感じられます◎

晩酌の時に、子供も同じように、食べたがりますよね!

自分の作った“こつまみ”を、「美味しい」と喜んで頬張る子供と、一緒に晩酌が出来たら、お酒も更に美味しくなりそうです。

そのうち、“こつまみレシピ”の料理本が、発売されちゃうかも?!

ノブオさんの結婚相手は?

ノブオさんは2013年に、一般女性と結婚したそうです。

一般の方ということで、ノブオさんの結婚相手に関する情報は、全く無いのですが、愛娘に“こつまみ”を作ってあげるなど、子煩悩な一面が見え隠れしています。

きっと、私生活では舎弟キャラを封印して、良きパパ、良きダンナ様なのでしょうね。