“ヤホー漫才”で言い間違えを連発する、ボケ担当の塙さんが目立つ、お笑いコンビ『ナイツ』。

ツッコミ担当の土屋さんが、実は高身長のイケメンさんだということを、ご存知でしょうか。

馬の絵も上手だと、評判の土屋さんですが、更に勉強もできるようなのです!

そんな土屋さんが選んだ、大学はどこだったのでしょうか??

今回は、ナイツ土屋さんの学歴について、調べてみました!

中学生までの土屋さんはどんな子だったの?

東京都で生まれ、千葉県船橋市で育った、土屋さん。

中学は地元の公立校、船橋市立古和釜(こわがま)中学校の出身ですが、実は中学受験で、創価中学校を受けて、不合格になってしまったのだとか。

中学受験を志すなんて、小学生の頃から、しっかりと勉強をされていたのでしょうね。

でも、特撮ヒーローの「太陽戦隊サンバルカン」が大好きで、よく友達とヒーローごっこ遊びを、していたそうですよ。

幼少期は、喘息や白血病の疑いがあった、土屋さんですが、ごく普通の男の子として、元気に遊んでいたようですね!

今でも、身長179㎝と、背の高い土屋さんですが、なんと中学1年生の頃には、既に身長170㎝もあったとか!!

中学1年生男子の、平均身長が160㎝前後ですので、170㎝だった土屋さんは、かなり背が高く、目立つ存在だったのではないでしょうか。

高校時代、そして大学へ

土屋さんが進学した高校は、創価高校。

中学受験では、合格できなかった学校に、高校受験で見事合格!!

しかも創価高校は、偏差値70とも言われている難関校

土屋さんは中学でも熱心に、勉強に取り組んでいたようですね。

そして相方・塙さんと、運命の出会いをすることになる大学は、創価大学。

創価高校では創価大学への、推薦制度があるようで、ほとんどの学生が、内部進学となる創価大学への、進学を選ぶようですね。

大学では公認会計士になるために、頑張っていた土屋さんでしたが、勉強について行けなくなり、挫折したといいます。。。

公認会計士の勉強って、結構難しいのでしょうね。

ただ、この挫折が土屋さんの人生を、大きく変えることとなります!!

土屋さん、芸人になる

公認会計士の勉強に、行き詰っていた土屋さんを、癒してくれたのは、彼女の存在などではなく、大学の落語研究会のライブでした。

そして土屋さん自身も、落語研究会に入って、「山銭」というコンビで、シュールなコントをやっていたそうですよ。

この時の落語研究会の部長が、現在の相方である塙さんだったのです。

塙さんは土屋さんよりも、学年が1つ上の先輩だったそうですが、大学卒業時にも就職が決まっておらず、土屋さんを含めた3人に、お笑い芸人になろうと、声をかけたそうです。

そして唯一承諾してくれたのが、土屋さんだったとか。

塙さん曰く、3人誘った中で、土屋さんが1番、何のとりえもなかったけれど、他の2人には断られてしまったので…という、経緯があるそうです。

塙さんが、土屋さん以外にも、2人に声をかけていたことは、土屋さんには内緒だそうですよ!

ともあれ、人気芸人として活躍する『ナイツ』。

土屋さんが公認会計士になっていたら、お二人の漫才は見られなかったかもしれません。