全身赤い服で金髪の、お笑いコンビ『メイプル超合金』の、ツッコミ担当・カズレーザーさん。

個性的なカズレーザーさんの、趣味のうちの一つが読書です。

なんと、年間200冊も読むのだそうですよ!

そんな、カズレーザーさんオススメの、本をまとめてみました。

また、読んだ本は、すぐに処分するという、カズレーザーさんの理由も明かします!

読書家カズレーザーさん

赤い服に金髪、ちょっとサイコパスなイメージもある、カズレーザーさんですが、実はしっかりとした自分の考えを持ち、悩み相談に的確なアドバイスをすることでも、知られています。

元々、高学歴のカズレーザーさんは、偏差値65とも言われる、埼玉県立熊谷高等学校を卒業

また、大学も関西の名門私立大学、同志社大学の商学部を、卒業しています。

だから、カズレーザーさんの趣味が、読書だというのも、なんだか納得!

知識や語彙も豊富だし、自分自身も様々な経験をしたことにより、悩み相談に心に響く、アドバイスができるということにも、頷けますよね!

カズレーザーさんのオススメ本

カズレーザーさんは、お笑いトークバラエティ番組「アメトーーク!」(毎週木曜23:15~、テレビ朝日系列)の企画、“本屋で読書芸人”に過去2回出演し、自身のオススメ本を、プレゼンしました。

カズレーザーさんのオススメ本、気になりますよね!

早速、ご紹介します!!

佐藤雅彦『中をそうぞうしてみよ』

中をそうぞうしてみよ (かがくのとも絵本) [ 佐藤雅彦 ]

価格:972円
(2018/9/30 03:38時点)
感想(12件)

ショ-ン・タン『アライバル』

アライバル [ ショーン・タン ]

価格:2,700円
(2018/9/30 03:40時点)
感想(14件)

高橋源一郎『ジョン・レノン対火星人』

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫) [ 高橋源一郎 ]

価格:1,188円
(2018/9/30 03:40時点)
感想(1件)

フィリップ・K・ディック『高い城の男』

高い城の男 ハヤカワ文庫 / フィリップ・K・ディック 【文庫】

価格:972円
(2018/9/30 03:42時点)
感想(0件)

倉知淳『幻獣遁走曲』

幻獣遁走曲 猫丸先輩のアルバイト探偵ノート (創元推理文庫) [ 倉知淳 ]

価格:864円
(2018/9/30 03:44時点)
感想(0件)

呉座勇一『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) [ 呉座勇一 ]

価格:972円
(2018/9/30 03:45時点)
感想(21件)

ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史(上・下)』

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 [ ユヴァル・ノア・ハラリ ]

価格:2,052円
(2018/9/30 03:47時点)
感想(11件)

サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福 [ ユヴァル・ノア・ハラリ ]

価格:2,052円
(2018/9/30 03:47時点)
感想(7件)

眉村卓『妻に捧げた1778話』

妻に捧げた1778話 (新潮新書) [ 眉村卓 ]

価格:734円
(2018/9/30 03:48時点)
感想(10件)

宇佐和通『ムー公式 実践・超日常英会話』

ムー公式 実践・超日常英会話 [ 宇佐和通 ]

価格:1,296円
(2018/9/30 03:49時点)
感想(11件)

上川敦志『スティーブ・ジョブズ』

スティーブ・ジョブズ (小学館版 学習まんが人物館) [ 上川 敦志 ]

価格:1,026円
(2018/9/30 03:51時点)
感想(2件)

いかがでしょうか。

かなり、バラエティに富んでいますよね!

中でも、『妻に捧げた1778話』は、著者・眉村卓氏が、余命宣告された妻のために、毎日1編ずつ書き続けたお話を、まとめた1冊でカズレーザーさんも、「15年ぶりに泣いた」という本です。

ちょっと、読んでみたくなりますよね!

また、カズレーザーさんは、何かと話題になっている、芸人本もチェックしています。

芸人本にもベストセラーは、たくさんありますが、カズレーザーさんのオススメは、面白いのに売れなかったという、ブラックマヨネーズ・小杉さんの、「薄毛の品格」です。

薄毛の品格 (幻冬舎よしもと文庫) [ 小杉竜一 ]

価格:575円
(2018/9/30 03:52時点)
感想(1件)

そこまで売れなかった本の中にも、面白い本はたくさんあります。

オススメを参考に、視野を広げてみるのも良いですよね!

「読み終わった本は処分」…その理由は?

カズレーザーさんは、本を読み終えると、古本屋に売ったり友人や知人に譲ったりして、処分するのだとか。

面白い本って2度3度と、読み返したくなりますよね。

カズレーザーさんは、どうして読み終えた本をすぐに、処分してしまうのでしょうか??

カズレーザーさんは、また読みたくなったらもう一度、同じ本を買うそうですよ。

また読みたくなるような本”を書いた作者さんに、印税が入るのが正しいというのが、カズレーザーさんの考えだそうです。

この感覚は、新しいかもしれませんね!

でも、ステキな考え方だと思いませんか。