「ラーメン、つけ麺、ぼくイケメン」…、最近はあんまり、聞かなくなりましたが、狩野英孝さんといえば、そんなフレーズと共に、記憶に残っている人も、多いのではないでしょうか。

自称イケメンの、ナルシストキャラを確立している、狩野英孝さんですが、実は実家が神社だということを、ご存知でしょうか。

ウィキペディアの紹介欄には、お笑いタレント、シンガーソングライターと共に、「神主」であることが記されています。

そんな芸人さん、他にいないですよね!

いったい、どんな神社なのでしょうか?

狩野英孝さんって、こんな人!

名前   狩野英孝(かのう えいこう)

生年月日 1982年2月22日

出身地  宮城県栗原郡栗駒町(現在の栗原市)

血液型  A型

身長/体重 175㎝/66㎏

高校は偏差値48の、宮城県築館(つきだて)高等学校。

高校時代、弓道部に所属していた狩野英孝さんは、宮城県代表の国体選手に、選抜されるほどの腕前だったそうですよ。

その後、俳優になるために、2000年に上京し、日本映画学校俳優科に入学。

狩野英孝さんって、元々は役者志望だったのですね!

でもここで、転機が訪れます。

卒業が間近に迫っているというのに、芸能事務所などのオーディションに、落ちまくり。。。

困っていたところ、紹介してもらったのが、現在の所属事務所・マセキ芸能社だったそうです。

マセキ芸能社って、所属しているタレントさんの、大多数がお笑いの人々ですよね。

こうして、狩野英孝さんは芸人としての道を、歩むこととなったのです。

狩野英孝さんの神社って?

狩野英孝さんの父親の実家が、櫻田山(さくらださん)神社という、宮城県栗原市 栗駒桜田山神下106にある神社です。

宮城県の内陸部に位置する場所にあります。

櫻田山神社は創建約1500年前という、歴史の長い由緒ある神社です。

狩野英孝さんの父親は、38代目宮司。

しかし、息子である狩野英孝さんは、神職を継ぐことに反発して、芸人になったそうです。

その後、2012年9月に狩野英孝さんの父親が、亡くなったことで、トーク番組「オーラの泉」にて、江原啓之さん美輪明宏さんが、狩野英孝さんを説得。

神職を継ぐ決心をした狩野英孝さんは、2014年にトレードマークだった、長い髪もバッサリと切り、神職の資格を取得したのでした!!

大人気・櫻田山神社!

世間でも櫻田山神社が、狩野英孝さんの神社であることは、知れ渡っていますので、県内外から多くの参拝客が訪れるそうです。

神社の名前にちなんで、サクラをあしらった、御朱印や御朱印帳も、大人気だそうですよ。

狩野英孝さん自身も、年末年始の10日間ほどは、芸能活動を休止し、神職に専念しているのだとか。

先日もテレビで、年末年始には参拝客が多く、おみくじやお守りが売り切れてしまうと、狩野英孝さん本人が話されていましたよ。

狩野英孝さんの神社ということで、芸能人の人々もたくさん、訪れているようで、境内の絵馬には、たくさんの有名人の名前を、見つけることが出来るのも、楽しいですよね。

また神社の境内には、同じく宮城県出身の大人気お笑いコンビ、『サンドウィッチマン』の、冠番組「サンドのぼんやり~ぬTV」(TBCテレビ)の企画で、作成された像も置かれています。

“ミヤギケンタウルス”と名付けられた、狩野英孝さんと『サンドウィッチマン』の伊達みきおさん富澤たけしさんの、顔型の像!!

一見の価値ありですね!