『尼神インター』は、渚さんと誠子さんの2人が組む、女性お笑いコンビです。

男前な口調や態度から、女性ファンの支持も集める、主にツッコミ担当の、渚さん。

『尼神インター』の、お二人が並んで立つと、痩せたとは言われつつも、細くはない誠子さんのせいか、華奢な渚さんは、とても小さく見えますよね。

渚さんの身長や体重、気になりますよね!

また、尼崎市出身という渚さんの、出身高校も調べてみました!

尼神インター・渚さんの身長・体重を発表!

本名   鹿島 渚(かしま なぎさ)

生年月日 1984年8月6日

出身地  兵庫県尼崎市

血液型  O型

身長/体重  157㎝/46.9㎏

渚さんのプロフィールを調べてみたら、あっさりと身長・体重が、判明しました!

相方・誠子さんの隣に立つから、ではなく、渚さんは小柄な女性なのですね!

体重を見ても、とても華奢な感じがします。

逆に、それほど太っているわけではない、誠子さんが大きく見えてしまうので、ちょっとお気の毒です。。。

尼神インター・渚さんの学歴は?

勉強があまり好きではなかった渚さんは、後輩の「アホで優しい」という、言葉からも分かるように、頭の切れるタイプではないようです。

そんな渚さんが、進学した高校は、兵庫県立武庫荘(むこのそう)高校

しかし現在は、武庫荘高校は統合により閉校され、兵庫県立武庫荘総合高等学校と、なっているようです。

武庫荘総合高等学校の偏差値は、47。

あまり勉強が好きではなかった渚さんは、高校卒業時に「これ以上、勉強したくない」と思って、芸人になることを思いついたそうですよ。

勉強は嫌い!だけど努力家の渚さん

高校を卒業する時に、芸人になろうと思った、渚さんでしたが、元々お笑いが好きだったわけではなかったとか。

それでも芸人になるために、NSC(吉本総合芸能学院)に、入学することを決めます。

でも、NSCに入学するためには、入学金10万円と授業料40万円が、必要となります。

そこで渚さんは、18歳から23歳の約5年間、大工として働いて資金を貯め、晴れてNSCに入学したそうですよ。

どうして、大工という職業を選んだのでしょうか。

その理由は、幼い頃から物を作ったりする、図工が好きだったことと、友達に大工の人が多かったことだそうです。

5年間も大工として、働いていたので、その腕前は確かなもの。

神戸空港やなんばパークスなどの、建設にも関わったそうですよ。

男性が多い大工業界の中で、華奢な渚さんが腕を上げるには、相当な努力が必要だったかもしれませんね。

尼神インター結成の秘話

尼崎市出身の渚さん、神戸市出身の誠子さん。

お二人の出身地の、頭文字をとって付けられた、コンビ名『尼神インター』。

渚さんと誠子さんは共に、大阪NSCの30期生ですが、元々知り合いだったわけではなく、NSCで出会ったそうですよ。

とは言え、最初から意気投合したわけではなく、相方・誠子さんは中国人と、コンビを組んでいたそうです。

誠子さんが中国人と組んでいたコンビは、あまり上手くいっておらず、それを見ていた渚さんの方から、誠子さんに声をかけたとか。

「500~600人もいる同期の中で、自分の中ではブサイクな、誠子が輝いて見えた」のが、渚さんが誠子さんに、声をかけた理由。

一方の誠子さんは、「(渚は)見た目がヤンキーなので、断れなかった」と、話しています。

こうして2007年に、『尼神インター』が結成されました。

結成のきっかけはともかく、東京進出も果たし、人気上々の『尼神インター』!

これからも、応援していきたいですね。