生活情報番組「ノンストップ!」で、帯番組のMCも務める、お笑いコンビ『バナナマン』の、設楽統さん!

なんと、自宅が火事になったことがあるそうですよ!

自宅が火事になった原因は、何だったのでしょうか?

火事の後にゲットしたという、100万円とは??を調べてみました。

バナナマン・設楽さん宅の火事はいつ?原因は??

自宅が火事になるなんて、考えたくもないですよね!

そんな災難に、バナナマン・設楽さんが遭ってしまったのは、2007年3月18日。

時間は、お昼の12時半頃だったそうです。

当時、マンスリーマンションに家族で、住んでいたという設楽さん。

その頃、某番組のダイエット企画で、ちょっとタバコの本数が、増えていた設楽さんは、自宅の一室でタバコを吸っていました。

タバコを吸い終えて、灰皿で火を消し、溜まっていた吸い殻を、ごみ箱に捨ててから、家族のいるリビングに行きました。

なんだか、イヤな予感がしますよね。。。

そうです、これこそが火事の原因!

設楽さん曰く、「今までに聞いたことが無い、音がした」ことで、火事に気付き、「死んじゃう!とりあえず逃げなきゃ」と思い、まず、家族を避難させたそうです。

どれくらい燃えたの?

家族を避難させた後に、下の階の人と、消火活動を開始した、設楽さん。

もちろん数分後には、消防車や警察も駆け付けて、無事消火されました。

迅速な対応のおかげか、燃えたのは設楽さんが、自分の部屋として使っていた1部屋のみで全焼は免れたそうです。

でも、部屋に置いてあった、衣装やカバン、写真やDVDなどは、焼失してしまったとか。

火事って本当に、怖いですよね。

また、燃えてしまった部屋で、置き去りにしていた、携帯電話が見つかりましたが、ドロドロに溶けた状態にもかかわらず、通話やメール、カメラ機能やテレビ視聴機能も、使用可能な状態だったそうです。

奇跡ですよね!

100万円はどこから??

火事の後に、100万円を貰えたということは、火災保険かなと思ったかもしれませんが、違います!

火事当日の夕方、火事の発生から6時間後に、元々入っていた仕事、「ウンナン極限ネタバトル!ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP」の、収録現場へと向かった設楽さんは、髪が焼けてチリチリで紙袋を下げ、スウェットのパジャマスタイルでした。

そうですよね、消火活動をした上に、服もカバンも燃えてしまったのですから…。

事情をマネージャーから聞いていた、相方の日村さんも、いつもと異なるその姿に、とても驚いたとか!

「イロモネア」は、観客席からランダムに選ばれた5人を、1分の持ち時間内に、既定ジャンルに従ったネタで、3人(ファイナルでは5人)を笑わせていき、全てのステージをクリアすると、100万円が貰えるという番組です。

火事になった事は、何かとお金が必要ですよね。

『バナナマン』として、コンビで出場した、設楽さんは自宅が火事になった事を告白した上で、100万円にチャレンジ!

次々とステージをクリアするものの、ファイナルに選んだ“サイレント”で、苦戦を強いられます。

しかし、設楽さんには切り札が!

そうです!

あの“火事でドロドロに溶けた、携帯電話”を持ち出し、見事、100万円を獲得したのです!!

コンビで獲得した100万円ですが、この時ばかりは折半せず、設楽さんが全額受け取ったようですよ。

リフォーム等の費用には、全く足りないと話していた、設楽さんですが、きっと助かったに違いありませんよね。